訳あり割れチョコ 人気!見た目よりも美味しさで勝負!

バレンタインデー

逆転の発想とはこのことかと思うようなアイデアです。

チョコレートが割れて困るなら、割れたチョコレートを販売しよう!という発想は、アイデアとして面白いですが、実際やるには勇気が必要ですね。

 

東京・自由が丘の割れチョコ専門店「チュベ・ド・ショコラ」は、
訳ありではなく、わざわざ割れチョコを製造して「訳あり割れチョコ」のブランドを立ち上げたそうです。

 

見た目よりも味重視のポリシーは、逆にクオリティーが落ちると怖いですが、TV・雑誌に多数取り上げられ、しかも楽天うまいおの大会には、2011年以来連続出店中と折り紙付きです。

 

内容は、ミルク、ビター、ミルクマーブル、ビターマーブル、ミルクマシュマロアーモンド、ミルクアカデミアナッツ、まるごとアーモンドパフ、アカデミアコーンフレーク、ビターイチゴ、ふんわりビター、ティラミスの12種類。

 

何気ないダンボールの小箱ですが、内側はカカオ豆と木の綺麗な印刷で贈り物にも最適です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました